外食をするときのポイント

外食をするときのポイント

高血圧の方は、外食を控えた方が良いと言われていますが、絶対に外食をしてはいけないというわけではありません。外食をするにあたって気を付けるポイントを把握していれば、高血圧を防ぎつつ、外食をすることが出来るでしょう。

では、どういったところに気を付ければ良いかというと、外食というのは、基本的に、カロリーが高く、高脂肪、食塩が多く含まれている、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが不足しているという事が多いのです。たとえば、味付けが濃かったり、野菜が少なく、お肉などが多い、油が多いといった事が問題になりますので、メニューを選ぶ際には、なるべく和食を食べるようにすると良いでしょう。一品料理よりも、主食や副菜などがバランス良く摂れるものがおすすめです。

汁物の場合には、汁は全部飲まずに残すようにする、卓上にある調味料は使わない様にするといった事により、塩分の過剰摂取を抑えることが出来ます。自分が注文したメニューに、野菜が不足しているようでしたら、サラダなどによって補うと良いでしょう。

また、切り干し大根、ひじき、海藻類などをプラスすることによって、ミネラルや食物繊維を補う事も出来ます。こういったポイントを抑えて、高血圧に影響しないような食生活を送ってみてください。