血圧日内変動とは?

血圧日内変動とは?

血圧というのは、一定のリズムがありますので、計測する時間は、毎日一定の時間にした方が良いと言われています。一般的には、寝ている間は、最も血圧が低く、起床前から徐々に血圧が上昇する事になります。血圧は、急激に上がったり下がったりするわけではなく、反対に、夕方から夜にかけて、徐々に下がっていくという形になります。この事を、血圧日内変動と言いますが、これは自律神経の働きが影響しているものであり、交感神経が強くなると、血圧が上昇するのです。また、寝ている間というのは、反対に副交感神経が強くなりますので、血圧が下がるという特徴があります。

しかし、必ずしも全員がこういった一定のリズムがあるわけではありません。高血圧の方は、夜になっても血圧が下がらない事がありますし、夜になると、急激に血圧が下がることもあるのです。こういった血圧の異常が起きると、高血圧の合併症を引き起こしやすくなりますので、注意が必要です。たとえば、脳梗塞になってしまう事もありますので、なるべく早く、高血圧を通常の状態に戻す必要があります。気になる方は、一度日中の血圧の変動を計測してみてはいかがでしょうか。