高血圧の基準値

高血圧の基準値

高血圧だと診断される基準の数値はどのくらいかというと、収縮期の血圧が140mmHg、拡張期の血圧が90mmHgだと言われています。多少前後しますし、いつ計測するかによっても違いがありますが、たとえば夜間の場合は、収縮期血圧120mmHg、拡張期血圧70mmHgとなっています。ですから、この数値を把握しておけば、自分で計測する時も、高血圧になるのかどうかが判断できるでしょう。

そもそも、血圧の基準値はどのくらいかというと、収縮期血圧が130未満かつ拡張期血圧が85未満となっています。高血圧にもいくつかの分類があり、Ⅰ度高血圧は140から159、または90から99、Ⅱ度高血圧は160から179、または100から109、Ⅲ度高血圧は180以上、または110以上となっています。もちろん、数値が高ければ高いほど危険という事になりますし、その分症状も気づきやすくなるでしょう。