血圧が上昇するメカニズムについて

血圧が上昇するメカニズムについて

高血圧には気を付けた方が良いと言われますが、そもそもなぜ血圧は高くなってしまうのでしょうか。血液というのは全身に流れているものですが、その血液の量や血管の抵抗性、そして血液の量などによって、血圧は変化します。たとえば、心拍数が高くなったり、心臓の収縮力が強くなったりすれば、その分血圧が上がるという事になるのです。心臓から血液は全身に送り出されていますが、こういった理由によって、血液が多く送り出されるようになり、血管に圧力が掛かるため、血圧が上昇するという事になります。

その他の原因ですが、腎臓の機能が衰える事により、全身の血液の量が増える事に繋がるため、血圧が上昇するという特徴もあります。人によって原因は異なりますが、こういった流れによって血圧が上昇しますので、高血圧に繋がる原因を取り除くことが大切です。