高血圧の自覚症状について

高血圧の自覚症状について

高血圧というのは、血圧を測ることによって判断することが出来ますが、自覚症状は無いのでしょうか。高血圧による自覚症状はあまり知られていませんが、多々あります。

たとえば、頭痛といった症状がありますが、頭痛と言ってもただの頭痛ではなく、だるさを感じて体が重たくなるような頭痛です。また、めまいといった症状もありますので、そういった症状が現れた時には、注意しなければなりません。

その他には、吐き気、耳鳴りといった症状も高血圧の症状になります。これは、高血圧になったことにより、ある器官に対しての血流が悪化してしまい、起こると言われています。歩く時にフラフラするといった場合も、高血圧が原因で起こってる可能性がありますので、ただの寝不足などと勘違いをしないようにしましょう。

また、手がしびれるといった症状が現れている場合、脳出血に繋がる可能性もあります。頭痛などの場合は、自分で高血圧だという判断をしづらいかもしれませんが、手のしびれというのは、決して油断をせずに、早めに受診することをおすすめします。

こういった自覚症状は、体からのサインということになりますので、少しでも早く自分で気づき、対処することが大切です。高血圧によって、他の病気が引き起こされない様にしましょう。