高血圧と動脈硬化について

高血圧と動脈硬化について

高血圧と関係がある病気は多々ありますが、その一つに動脈硬化が挙げられます。動脈硬化になると、血管が狭くなってしまいますので、血圧が上がってしまうのです。つまり、動脈硬化が高血圧を引き起こす事に繋がりますし、反対に高血圧であることによって、動脈硬化になることも少なくありません。

動脈硬化というのは、高齢者に多く見受けられる病気ですが、高血圧と同じく、生活習慣が大きく関係しています。ですから、高血圧を防ぐための生活習慣を送っていれば、動脈硬化の予防にも繋がるのです。

既に動脈硬化になってしまったという方も、生活習慣を見直して、血圧を下げることによって治療が出来ますので、再び動脈硬化になるのを防ぐことが出来ます。これは、その他の病気の予防にも繋がりますので、実践してみてはいかがでしょうか。