高血圧の方の入浴方法について

高血圧の方の入浴方法について

人間は、誰でもお風呂に入った時には、血圧が上昇します。だからこそ、高血圧の方は、入浴方法にも注意した方が良いでしょう。そこで、高血圧の方の入浴方法についてご紹介したいと思います。

お湯の温度が高すぎてしまうと、血圧も上がりやすくなりますので、出来れば37度から40度ほどに設定することをお勧めします。また、急激に寒い場所から熱い湯船に浸かると血圧が高くなってしまうため、最初に脱衣所、浴室などを温めておくと良いと思います。

最初から湯船に浸かってしまう方もいると思いますが、最初は体を慣れさせるために、手や足にお湯を掛けて、お湯の温かさに慣れてから、湯船に浸かるようにしてみましょう。

長時間お風呂に入る場合には、肩までつかるのではなく、半身浴にしてみましょう。肩までつかってしまうと、心臓にも負担が掛かりやすく、血圧も高くなってしまいます。もし肩までつかるのであれば、15分程度にするように心がけてみてください。

こういった事に気を付けながら、毎日入浴するだけでも、随分と急激な血圧の上昇を抑えることが出来るでしょう。