高血圧の薬である利尿薬について

高血圧の薬である利尿薬について

高血圧の治療に使われる薬はいくつかありますが、その一つに利尿薬があります。尿には塩分が含まれていますが、利尿薬によって、尿に含まれている塩分を体外に排出することが出来ますので、自然と体内の塩分が減り、血圧の上昇が抑制されるという流れになります。

但し、そんなに多くの利尿作用があっても、体に負担を掛けてしまいますし、副作用が現れる可能性も高くなるため、そこまで多くの量が処方されることではありません。あくまで、他の薬の補助として処方されることになるでしょうが、それでも高血圧には効果的です。

利尿薬を使用すると、脱水症状や低カリウム血症といった副作用が現れる可能性があります。痛風の方は使用することができませんので、注意しましょう。必ず、用法、用量を守って治療を行うことが大切です。