高血圧の検査の流れ

高血圧の検査の流れ

高血圧かどうか診断するためには、詳しい検査が必要になります。血圧を測定し、それだけで高血圧だと判断することは出来ないのです。もちろん、毎日の傾向を見ることによって、高血圧か否かを判断することは出来ますが、なかなか自分で毎日記録している方は少ないでしょう。

高血圧の検査の流れですが、最初に自分が高血圧かも知れないと気付くのは、会社などの健康診断ではないかと思います。血圧の数値に異常が見られれば、実際に病院に行くと思いますが、そこでスクリーニング検査というものを行います。スクリーニング検査というのは、問診、血圧測定、尿検査、血液検査、心電図検査、胸部X線の検査、眼底検査、肥満か否かの診断などを行うのです。そして、合併症が無いと判断された場合には、一次性高血圧という事になり、運動指導、食生活の指導などが行われることになるでしょう。

スクリーニング検査では、合併症があるか否かを判断することが目的であり、合併症を引き起こしている可能性があれば、精密検査を行います。高血圧は、腎臓や心臓などに関わる合併症を引き起こす可能性があるため、詳しい検査をする必要があるのです。その結果によって、重度の一次性高血圧なのか、二次性高血圧なのかが判断されることになります。そこから、生活習慣の改善や、場合によっては降圧剤を使用して治療をしていくことになるでしょう。合併症を引き起こしている場合は、その治療も必要になります。

検査はこういった流れになりますので、大げさだと思うかもしれませんが、万が一のことを考えて、一度検査しておきましょう。