高齢の方向けの入浴方法について

高齢の方向けの入浴方法について

高齢の方は特に、入浴方法には気を付けた方が良いと言われています。なぜかというと、お風呂に入る時には、血圧も上昇しやすく、めまいなどが現れることもあるのです。最悪の場合、心筋梗塞などに繋がることもあるため、そうならないような入浴方法を行うことが大切です。

では、どういった方法が良いのかというと、冬場は脱衣所の気温も低くなっていることでしょうから、そういった寒い場所に行くと、血圧が急激に変化することがあります。また、浴室についても同様で、浴室が冷えた状態でありながら、急に湯船に浸かってしまうと、当然ですが血圧が急激に上がってしまうのです。

反対に、熱い湯船から、寒い脱衣所に移動すると、急激に血圧が下がることもあるため、入浴は危険です。だからこそ、お金は掛かると思いますが、あらかじめ脱衣所、浴室は温めておき、温度差をなくすことが大切です。なるべく、寒い、熱い、暑いといったような、急激な温度変化を感じることを少なくするようにしましょう。