24時間自由行動下血圧測定について

24時間自由行動下血圧測定について

24時間自由行動下血圧測定というものもありますが、これは、体に自動血圧計を付けたままの状態で、24時間過ごすというものになります。15分から30分おきといったように、定期的に血圧を測る事により、血圧の状態をより詳しく知ることが出来るのです。日常生活に置いて、どのような時に血圧が上昇しているのかといった事まで、詳細が分かりますので、血圧が高めに方に使用することがあります。

24時間自由行動下血圧測定を行った時の平均値が、収縮期血圧で130mmHg以上、拡張期血圧で80mmHg以上になった場合には、高血圧だと診断されますので、何かしらの治療をする必要が出てくるでしょう。

家庭血圧や診察室血圧などで、高血圧だと判明しづらいこともありますが、24時間血圧を測定することによって、高血圧かどうかを知ることが出来るというメリットがあります。