高血圧の薬であるカルシウム拮抗剤について

高血圧の薬であるカルシウム拮抗剤について

高血圧の方に処方される薬はいくつかありますが、カルシウム拮抗剤が処方されることもあります。カルシウム拮抗剤というのは、血管を広げる作用がありますので、血圧が上がるのを抑えることが出来るのです。狭心症予防にも繋がりますので、狭心症の可能性がある方にも処方されています。

高血圧の薬の中でも、血圧を下げる効果が高い上に、安全性が高いという事から、多くの病院で取り扱われています。また、持続性があり、効果が長時間続きますので、普段仕事をしていて、何度も服用するのが難しい方にも向いているでしょう。

また、高血圧の薬の中には、合併症を持っている方は服用出来ないものもありますが、カルシウム拮抗剤の場合は、合併症のある方でも使用することが出来るという特徴があります。副作用については、全くないというわけではありませんが、重大な副作用が現れることは稀ですから、安全性が高いと言えるでしょう。

こういった特徴があるものですから、気になる方は医師に相談してみましょう。