高血圧の薬であるノルバスクについて

高血圧の薬であるノルバスクについて

降圧剤の一つとして、ノルバスクという薬があります。これは、細胞の中にカルシウムが入るのを抑制する作用がある薬なのですが、体内の細胞の中にあるカルシウムが多くなると、血圧が上昇すると言われているのです。ですから、カルシウムが入るのを防ぐことによって、血圧の上昇を抑えるというのが、ノルバスクの作用になります。

ノルバスクの作用はそれだけでなく、心臓の収縮を抑制する効果もあります。心臓を落ち着かせる事は、高血圧を防ぐためにも大切ですし、病気の予防にも繋がりますので、高血圧の方に多く処方されているようです。中でも、高齢の方や合併症の多い方に使用されるようという特徴があります。

ノルバスクは、服用してすぐに効果が現れるわけではありませんが、一度飲むと効果も長続きしますので、気になる方は、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

但し、血圧が下がることによって、副作用が現れる可能性もあります。それにより、めまいが起こることもあるため、なるべく車の運転は避けた方が良いでしょう。