高血圧を防ぐアルコールの摂取方法

高血圧を防ぐアルコールの摂取方法

男性の場合は特に、毎日お酒を飲む方も多いと思いますが、適度なお酒であれば、血圧を下げる効果があると言われています。しかし、過剰に摂取してしまうと、反対に血圧を上げてしまいますので、お酒の量には注意しなくてはなりません。

まず、アルコールにはどのような作用があるかというと、血管を広げるという作用があります。だからこそ、血圧を下げる効果があるとも言われていますが、過剰摂取することによって血圧が上がるという事も言われているため、複雑なのです。血圧が上がる明確な原因は分かっていないようですが、毎日大量にアルコールを飲むのは避けた方が良いでしょう。

但し、アルコールが好きな方にとって、それを断つということは、かなりのストレスにも繋がるのではないでしょうか。ストレスを溜め込むと、高血圧に繋がるため、お酒を断つのではなく、控えめにするという事が大切です。

お酒は、1日にビールで大瓶1本、ワインで2杯程度摂取するのが良いと言われていますので、参考にしてみてください。

また、お酒を飲みながらおつまみを食べる方も多いでしょうが、おつまみは塩分が多く含まれているものも多いと思います。塩分は、血圧を上げてしまいますので、おつまみについても気を付けた方が良いでしょう。あまり塩分の強いものは摂取しないようにして、食べるにしても量を少な目にすると良いと思います。お酒を飲むことが多い方は、高血圧を防ぐために、こういったことを意識してみてください。