高血圧と季節について

高血圧と季節について

高血圧になる原因は、季節にも隠されています。季節というのは、必ず移り変わるものですから、避けることが出来ません。しかし、寒い時には、血圧が上がってしまうというのは有名な話であり、血圧が上がった事によって、何らかの病気で亡くなる方も多い時期なのです。ですから、高血圧の方は、冬場は特に注意が必要です。

寒い状態の時に血圧が上がるわけですから、きちんと寒さを防ぐことができれば、血圧も上がらずに済むでしょう。暖房をつけたり、こたつを利用したり、寝る時にも寒さ対策を万全にすると良いと思います。また、外出する時にも、きちんと防寒対策をとり、なるべく寒さを感じないように工夫してみてください。

温度差を感じた時にも、血圧は上がりやすいですから、出来れば冬場のお風呂は、浴室をあらかじめ温めておくなどして、工夫うしてみましょう。また、熱湯に入る上に長湯してしまうと、その分上がった時の温度差があり、血圧が上がりやすくなりますので、ぬるま湯で長湯をするか、熱湯であれば、時間を短めにしてみましょう。

こういった少しの工夫を毎日続けることにより、高血圧を予防することが出来ると思います。