高血圧とストレスの関係について

高血圧とストレスの関係について

血圧というのは、目で見て分かるものではありませんので、高血圧であっても、自分では気づきにくいという特徴があります。そのまま放っておくと、他の病気に繋がる可能性もありますので、なるべく早く対処する必要がありますが、高血圧を防ぐ方法や対策もあります。

たとえば、ストレスと高血圧にも関係があり、ストレスを溜め込むことにより、血圧が上がってしまうとも言われています。ストレスにもいくつか種類がありますが、悲しい事があったり、何かがあって怒ったりした時などには、人間はストレスを感じます。こういった理由でのストレスは、血圧を上げやすいと言われているのです。しかし、こういった感情を抱かないわけにもいきませんよね。だからこそ、ストレスを溜め込まずに、ストレスを感じたとしても、それを発散するように心がければ良いのです。

たとえば、お風呂に入る、マッサージをする、アロマテラピーを楽しむ、自分の好きな事をする、音楽を聴くなどがあると思います。人によって、リラックスできる事にも違いがあると思いますが、自分が落ち着ける方法を探して、それを実践することで、ストレスも緩和されて血圧が下がるのではないでしょうか。ですから、ストレスを溜め込みやすい方は高血圧に注意をして、なるべく定期的に発散するようにしましょう。