高血圧と肥満について

高血圧と肥満について

高血圧と肥満には関係があり、肥満の方は高血圧になりやすいと言われています。なぜ肥満の人が高血圧になりやすいかというと、内臓脂肪型肥満の場合、血圧が上昇しやすいという事が分かっており、肥満の時に高血圧だった人が、体重を落としたことによって、血圧が下がったという例もあるようなのです。つまり、それだけ肥満の人は高血圧になりやすいという事ですから、もしメタボリックシンドロームだという方は、高血圧に注意した方が良いでしょう。

ちなみに、内臓脂肪型肥満というのは、男性でウエスト85cm以上、女性で90cm以上となっています。ウエストを測るだけでも分かりますので、気になる方は調べてみてください。

一般的に、運動をすると血圧が上がると言われていますので、高血圧の人は運動を控えた方が良いのかというと、そういうわけではありません。肥満の方は、運動によって体重を落とした方が良いですし、有酸素運動を長期間行うことによって、血圧を下げることが出来るとも言われています。運動と言っても、激しい運動をすると長続きしないこともありますので、ウォーキングでも構いません。なるべく毎日続くことを実践してみましょう。