高血圧と肥満の関係

高血圧と肥満の関係

肥満であることにより、見た目が問題だと思っている方も多いようですが、肥満は血圧を高くする要因の一つでもあるのです。高血圧の状態が続くと合併症を引き起こすこともあり、最悪の場合は死に至る可能性も否定できません。肥満であることによって病気に繋がらないようにするためにも、いち早く痩せて健康体を手にすることが大切です。
肥満が原因で生活習慣病になることがありますが、肥満というのはどういった状態を指すのかというと、体脂肪率が正常よりも高い値になっている場合を指します。体脂肪率とは、体重に対する脂肪の割合の事ですが、正常な体脂肪率は、男性の場合で15%から19%、女性の場合には20%から25%です。つまり、体脂肪率がこれ以上になると肥満ということになります。
肥満と一言でいっても、その種類はいくつかあります。たとえば、内臓脂肪型の肥満があり、お腹やお腹周辺に脂肪が付いている状態になります。内臓脂肪が多い場合、高血圧を引き起こすことがあります。また、糖尿病、高脂血症といった疾患にも繋がるため、できるだけ早く内臓脂肪を減らす必要があります。
肥満を解消するには、栄養バランスのとれた食生活を心掛けることが大切です。健康的に体脂肪を減らすように努力しましょう。