高血圧と心臓の合併症

高血圧と心臓の合併症

高血圧の状態が続くことにより、心臓や脳に関する合併症を引き起こすことがあります。心臓に関する合併症にはどのようなものがあるのでしょうか。
狭心症という疾患は非常に有名ですが、狭心症は動脈硬化を引き起こすことにより、心臓の動脈の内腔が狭くなることで、血液が心臓へと正常に運ばれなくなってしまった状態を指します。高血圧は、動脈硬化を引き起こすことがありますので、合併症として狭心症になることがあるのです。狭心症の場合、胸部に痛みや圧迫感を感じるといった症状が現れます。こういった症状が現れた場合には狭心症を引き起こしている可能性がありますので、早めに受診することが大切です。
また、心筋梗塞は狭心症と似ていますが、心臓に対して血液が運ばれなくなってしまい、その状態が続くことによってその部分が壊死してしまうという疾患です。我慢できるような痛みではなく、耐えられないほどの痛みを伴いますので、最悪の場合は死に至ります。
そして、心肥大は、高血圧であることによって心臓の筋肉が大きくなり、心臓の壁が分厚くなっている状態を指します。一見これだけ聞くと問題無いように思えるかもしれませんが、この状態が長く続くことにより、心臓機能が低下してしまうのです。これが心不全という状態になりますが、それによって呼吸困難、動悸、息切れといった症状が現れます。
このように、高血圧は死に至るような病気を引き起こす可能性があるのです。