高血圧の種類

高血圧の種類

高血圧には、いくつか種類がありますが、大きく分けると、二次性高血圧症と本能性高血圧症という2種類があります。高血圧でお悩みの方は多いでしょうが、およそ90%は本能性高血圧症のようです。
本能性高血圧症とは、血圧が高くなった原因が定かではないという高血圧なのです。高血圧になる原因として、不規則な生活習慣や生活環境などが考えられており、そういったことが原因でなるのではないかと考えられているのです。また、遺伝によって高血圧になるとも言われており、もし両親が高血圧なのであれば、その遺伝によって高血圧の体質になっているという可能性もあります。
両親が高血圧だからと言って、必ずしも高血圧になるわけではありません。元々こういった体質の上に、血圧が上がるような生活習慣を送ることによって、高血圧という症状が現れてしまうのです。
二次性高血圧というのは、内分泌系の疾患、肝臓病、薬剤などが原因によって起こる高血圧を指します。ですから、血圧を下げるためには、高血圧を引き起こしている疾患を治療する必要があります。しかし、疾患が原因で高血圧となっているということを発見できなければ、段々症状が悪化する可能性がありますので、注意しなければなりません。