合併症がある場合の高血圧治療

合併症がある場合の高血圧治療

高血圧によって、合併症を引き起こすことがありますので、高血圧の場合は合併症を予防することが大切です。しかし、既に合併症を引き起こしている場合はどのように治療すれば良いのでしょうか。
まずは、血圧を下げるために薬を服用するという薬物療法があります。薬物療法では、降圧薬が用いられますが、きちんと服用して、まずは血圧を下げる必要があります。血圧を下げなければ、脳梗塞、脳出血といった発作が起きる可能性があるのです。これらは非常に再発しやすいため、血圧が上がらないようにしなければなりません。
高血圧と糖尿病を合併する場合も多いですが、そういった場合は心筋梗塞、脳卒中といった発作が起こりやすいと言われています。これらを合併している場合、高血圧を改善するための降圧薬や糖尿病を改善するための薬を服用することになるでしょうが、相互作用が起きる可能性があるため、必ず医師の指示に従って服用するようにしましょう。
心臓病というのは命に関わりますが、高血圧の合併症として心臓病があります。こういった場合は血圧をきちんとコントロールできるようにし、心筋梗塞などが起こらないようにしなければなりません。
薬を服用する場合も、合併症との兼ね合いがありますので、慎重に服用する必要があります。