高血圧の薬物療法

高血圧の薬物療法

高血圧症と生活習慣は密接な関係にありますが、食事内容の改善や運動量を増やす等の生活習慣の改善をしっかりと行っても血圧が高い数値で続いてしまう場合には、薬物療法を選択する事になります。当然、薬物療法を行うことは個人では決められません。医師の判断により処方されるものです。使用する薬剤は、血圧を下げる降圧剤というもので、この薬剤が血圧を下げてくれます。
ただし、降圧剤によって下がった血圧は、根本的に高血圧症を治療しているものではなく、無理やりに血圧を下げているに過ぎないことを理解しておく必要があります。この為、多くの場合は降圧剤は長い付き合いになる事が多いものです。一時的に下がった血圧に油断して途中で勝手に薬剤投与をやめたりするのはとても危険な事です。もとの高血圧に戻るどころか、ひどい場合には、更に高い血圧にステップアップしてしまう事さえあるそうです。自己判断は絶対にせずに、必ず担当の医師に相談して指示を仰ぐ様にして下さい。また、薬物療法を始めても、飽くまで生活習慣を正し、血圧をコントロールする事が治療的には基本となることを忘れてはいけません。降圧剤の利用の有無は関係無く、常に生活習慣を正すことを考えていきたいですね。