高血圧と生活習慣 その2

高血圧と生活習慣 その2

高血圧症は、日頃の生活習慣と密接な関係にあります。現代の医学でもまだ、高血圧症の根本的な原因は実は不明とされていますが、日頃の生活習慣が高血圧に密接に関係しており、生活習慣が主要因の一つという考え方が一般的です。例えば、お風呂に入浴する際にも、基本的に熱いお湯に浸かると血圧は上がりますので、少し控えめのお湯に浸かるのが得策です。目安としては、40度前後のお湯に10分ほど浸かるのが良いそうです。
もしも、1日に何度か入浴する場合には、1回の時間を短めにすると良いでしょう。体温よりも少し高い位のお湯で半身浴するのが健康的です。意外ですが、排泄の時にいきむ動作も、血圧を上げる事になる様です。特に便秘の時などは、出そうとしてついいきんでしまいます。その必要が無い様に、日頃から食物繊維を摂るなどして、便秘解消に努めましょう。
タバコも、血圧を上げる事になります。タバコは基本的に健康を害する物なので、なるべく禁煙する様に努力しましょう。但し、ストレスがかからない程度にしましょう。お酒の飲みすぎも禁物です。適度な飲酒は健康促進される場合がありますが、過度の飲酒は、脳卒中の危険性を高める様です。飲み過ぎにならない様、節酒を心掛けましょう。