高血圧の基準は?

高血圧の基準は?

高血圧というのは、血圧が正常値よりも高い状態を指します。では、高血圧の基準とはどういったものなのでしょうか。
日本には、日本高血圧学会というところがあります。通称JSHと言いますが、ここでは収縮期の血圧が140mmHg以上の場合、そして拡張期の血圧が90mmHg異常の場合を高血圧の基準としています。その上、更に数値によって、軽症、中等症、重症といった形で3段階に分けているのです。
軽症と診断されるのは、収縮期の血圧が140から159mmHg、又は拡張期の血圧が90から99mmHgの場合です。また、中等症は、収縮期が160から179mmHg、又は拡張期の血圧が100から109mmHg、そして重症は収縮期血圧が180mmHg以上、又は拡張期血圧が110以上の場合と分類されます。
高血圧と診断する場合には、何度か測定した結果の平均値を見る必要があります。ですから、1度測った時に測定値が標準値以上だったとしても、すぐに高血圧という診断にはならないのです。人間は、運動をした時などに一時的に血圧が上昇します。ですから、1度測っただけでは判断できないのです。一時的に高くなったとしても、時間をおいて正常値に戻るようであれば問題はありません。