血圧の測定方法

血圧の測定方法

血圧というのは変動するものです。また、一日のリズムもありますので、毎日測っていたとしても、測る時間が違えば、血圧の数値にも違いが出てしまうのです。ですから、毎日同じ時間に同じ手順、環境で測定することが大切です。
では、正しい血圧の測り方ですが、きちんと椅子に座り、背筋を伸ばします。血圧計のカフは心臓と高さを同じにし、腕の力は抜きましょう。カフの巻く位置は、肘から指1本分ほど上に巻くようにします。
動いているときには血圧が上昇してしまいますので、血圧を測る前には体をなるべく動かさないようにしましょう。できれば、血圧を測定する1時間前から食事や運動、入浴はしないようにしましょう。
血圧計には様々なタイプがありますが、病院などでもよく見かける、腕にカフを巻く方が良いかと思います。その方が数値が正確に測ることができるのです。
血圧計は、スイッチを押すだけで一人で簡単に血圧を測ることができます。少し高額だと感じるかもしれませんが、毎日血圧を測ることによって、生活習慣病を未然に防ぐことにも繋がるのです。高血圧の状態は、体に様々な影響を与えてしまいます。高血圧が与えるのは目に見えない影響だからこそ、きちんと毎日数値を確認する必要があるのです。