高血圧を放っておくとどうなる?

高血圧を放っておくとどうなる?

高血圧の方は4,000万人にも上ると言われており、非常に身近なものなのです。ですから、万が一高血圧になったとしても不思議なことではありません。血圧が高くても問題が無いと認識している方は多いようですが、高血圧から合併症を引き起こすことも少なくありません。たとえば健康診断で血圧が高く、再検査になっていたにも関わらずそのままにしてしまうと、脳出血などの合併症を引き起こして突然亡くなってしまうこともあります。くも膜下出血で急に亡くなっている方も多々いますが、そういった方の中には高血圧の状態が長く続いていたということも少なくありません。自覚症状がほとんど無いため、危険性を感じにくいのですが、こういった多くの疾患に繋がるものなのです。
日本人の死亡原因として、心臓病や脳卒中が占めている割合が多いということはご存知でしょうが、高血圧と心臓病、脳卒中には大きな関係性があります。これらも高血圧の合併症ですから、それだけ死に至る可能性があるものだということがお分かり頂けるでしょう。
高血圧というのはそのまま放置して正常になるものではありませんから、早めに治療を行わなければ、こういった疾患を引き起こす可能性があります。健康診断で血圧が高かったのであれば、一度受診することをおすすめします。