妊娠と高血圧について

妊娠と高血圧について

妊娠をしたことによって血圧が上昇する場合があります。血圧が高い状態が続くと、胎児に影響を与える可能性もあり、出産をする時のリスクにもなるため、産婦人科から降圧薬を処方されることがあります。妊娠中に血圧が高いと不安に思ってしまうかもしれませんが、多くの場合は出産後には血圧も正常に戻りますので、さほど心配する必要は無いでしょう。しかし、遺伝によって高血圧である場合には、血圧が下がらない可能性もあります。
また、妊娠高血圧症候群というものもあり、高血圧や尿たんぱくといった症状に当てはまる場合、妊娠高血圧症候群と診断されることが多いようです。以前は妊娠中毒症と言われており、むくみも診断基準の一つとされていましたが、妊娠高血圧症候群に変わってからは、むくみは診断基準とされていません。
妊娠後期になってから発症することが多く、妊婦さんのおよそ1割が妊娠高血圧症候群であるとも言われており、そのままの状態が続くと母子共に危険な状態となってしまうこともありますので油断できません。
原因は明確になっていないようですが、無事出産するためにも、妊娠中の食生活には特に注意し、高血圧にならないようにすることが大切です。