血圧日内変動について

血圧日内変動について

血圧というのは、何らかの要因によってすぐに数値が変わるものです。こういった血圧の変化のことを血圧日内変動と言いますが、これには一定のリズムがあるということが証明されているようです。現代では、24時間自由行動下血圧測定というものができるようになりました。それにより、血圧のリズムの乱れ、臓器に関する障害や様々な合併症には何らかの関係性があるということも分かっているようです。
では、1日でどのように血圧が変動するのかというと、まず寝ている間は血圧が最も低くなります。起床する少し前から血圧が上がり、起床をした後の血圧が最も高くなるのです。その後、夕方から夜になるにつれ、次第に血圧はさがっていくということを繰り返しています。
なぜこういったリズムがあるのかというと、これには自律神経が関係していると言われており、日中は交感神経の働きが強くなることにより血圧が上昇するようです。また、寝ている間や夜には、副交感神経が強くなることにより、血圧は低くなるものだと言われています。
しかし、誰でもこういったリズムであるというわけではなく、中には睡眠中も血圧が低くならない方もいます。また、急激に寝ている間の血圧が低くなるという場合もあるのですが、リズムが乱れている場合は体に様々な症状が現れることもありますので、一度朝、晩の血圧を測ってみると良いでしょう。