血圧とは?

血圧とは?

誰でも一度は血圧を測ったことがあるかと思いますが、そもそも血圧とは何のことを指すのでしょうか。
体内には血液が循環しており、心臓が動いていることによってその血液は体中へと送られています。血圧とは、心臓から全身に送られている血液が、血管に与えている圧力のことを指します。
血圧を測ると、数値が2つ出るかと思いますが、これは心臓が縮んでいる時と張っている時の血圧を意味しています。心臓は血液を送る時に収縮しますが、収縮時の血圧は最高血圧となります。
そして、心臓が縮んで血液を送り出すと、今度は血液が酸素と共に心臓へと戻ってくるのです。そういった時に起こる圧力が最低血圧となるのです。
血圧には正常値というものがあり、その範囲よりも血圧が高い場合には、高血圧ということになります。血圧が正常ではない状態のため、この状態が長く続くと体に様々な影響を与える可能性があるのです。ですから、高血圧の状態が長いている場合には、なんらかの治療を行う必要があります。
現代では、高血圧の方が増えており、それが原因で合併症を引き起こすこともあるのです。普段血圧を気にしない方は多いようですが、できれば毎日測り、異常が無いか確認することが大切なのです。